超美人 イブ

ライター「もしかすると、芸能界に入るにあたって修業生活を送っている人ってサクラで生活費をまかなっている人が多いのですか?」
E(とある芸人)「そうだと思われます。サクラでお金を手に入れるって、シフト融通が利くし、俺たちみたいな、急にショーの予定が入ったりするようなタイプの人には正に求めているものなんですよ。予測できない空き時間にできるし、他じゃできない経験の一つになるし…」
C(あるアーティスト)「良い経験にはなるよね、女のキャラクター作るのは簡単じゃないけどこっちは男目線だから、自分がかけられたい言葉を相手に送ればいい訳だし、男の気持ちがわかるわけだから、男もやすやすと食いついてくるんですよね」
A(メンキャバ従業員)「意外にも、女でサクラをやっている人は男の心がわかってないから本当は下手っすよね」
ライター「女の子のサクラより、男のサクラが向いているのですか?」

22世紀の超美人 イブ

D(芸能事務所所属の男性)「まぁ超美人、そうですね。秀でた成績を残しているのは大体男性です。だけど、僕なんかは女のキャラクターを作るのが上手くないので、いつもこっぴどく怒られてます…」
E(とある芸人)「お分かりの通り、正直者がバカをみる世の中ですからね…。女の子になりきるのが大変で…僕らも苦労してます」
筆者「女性の人格を成りきり続けるのも、かなり大変なんですね…」
女性役のどう演じるかの話で盛り上がる彼女ら。
そんな中で、ある発言を皮切りに、自らアーティストであるというCさんに興味が集まりました。
D(キャバクラで働く)「ブランドのカバンとかねだったらいいでしょ?わたしなんて数人に同じプレゼントを頼んで1個を除いてあとは現金に換える

22世紀の超美人 イブ

筆者「マジですか?もらったのに買取にだすんですか?」
D(ナイトワーカー)「びっくりしてるけど全部取っとく人なんていないです。取っておいてもせっかく価値があるんだから流行とかもあるから、置いておいてもバッグにも悪いし」
E(十代、国立大学生)聞きたくないことかもしれませんが、Dさん同様、私も質に流すタイプです」
C(銀座サロン受付)超美人 イブのそういったお金を巻き上げられているんですね…私はまだまだブランドのバッグなんてねだったこともないです」
筆者「Cさんの体験を聞きたいです。超美人 イブを通してどういう男性と直で会いましたか?
C「高級品を送ってくれることすらないです。全員、モテないオーラが出ててイブ、女の人と寝たいだけでした。わたしにとって、出会い系でもお付き合いがしたくて待ち合わせしたのに体だけ求められても困りますね」
筆者「超美人 イブを使って超美人、どんな出会いを探しているんですか?
C「分不相応をしれないですけど、医療関係者とか法律関係の方とか国立大いるような高給取りか将来稼ぎそうな人がいいです。
E(国立大に在籍)わたしは、今は国立大にいますが、超美人 イブ回ってても、プーばかりでもないです。それでも、大抵はパッとしないんですよ。」
超美人 イブを見ると、オタク系に敬遠する女性はどことなく少なくないようです。
サブカルチャーに広まっている感じられる国内でも超美人、まだ単なる個人の好みという受入れがたい至っていないようです。
本日聞き取りしたのは、言うなら、以前からサクラの派遣社員をしている五人の少年!
出席したのは、イブキャバクラで働いていたAさん、この春から大学進学したBさん超美人、クリエイターのCさん、タレントプロダクションに所属していたはずのDさん、お笑い芸人を目指すEさんの五人で
筆者「では始めに、取りかかるキッカケから教えていただきましょう。Aさんからお願いできますか」
A(元昼キャバ勤務)「小生は、女性の気持ちが理解できると考え始めたいと思いました」
B(大学2回生)「オレは、荒稼ぎできなくてもいいと考えて躊躇しましたね」
C(ミュージシャン)「おいらは、イブミュージシャンをやってるんですけどイブ、まだ素人同然なんでたまにしか稼げないんですよ。大スターになる為には大きな所でなくてもこつこつ下積みすべきだと思い、こんな仕事やりたくないのですが、当面の間アンダーグラウンドな経験値を上げようと思って」
D(タレントプロダクション所属)「おいらは超美人、○○ってタレント事務所でミュージシャンを夢に見てがんばってはいるんですが、一回のステージで500円だけしか頂けないんで…先輩に紹介していただきサクラのバイトをやっています」
E(中堅芸人)「本当は、オレもDさんとまったく同じような感じで、1回のコントで僅か数百円の悲しい生活してるんです。先輩の紹介で、ステルスマーケティングの仕事を始めることにしました」
驚くべきことに、五人中三人ものメンバーが芸能プロダクションに所属しているというパワフルなメンバーでした…、それなのに話を伺ってみるとどうやら、五人にはサクラによくあるおもしろエピソードがあるようでした…。
気軽に出会えるサイトを使う人々にお話を伺うと超美人、ほとんどの人は、孤独でいるのが嫌だから、一瞬でも関係を持つことができれば別に構わないと言う見方で超美人 イブにはまっていってます。
要は、キャバクラに行くお金を出したくないし、風俗にかけるお金も節約したいから、タダで使える超美人 イブで、「手に入れた」女性で安上がりで済ませよう、と思う中年男性が超美人 イブにはまっているのです。
片や、「女子」サイドは全然違う考え方を秘めています。
「相手とすごく年齢が離れていてもいいから、お金持ちで料理ができる人を彼氏にしたい。出会い系をやっているおじさんは確実にモテない人だからイブ、中の下程度の自分でも思い通りに扱えるようになるかも!もしかしたら、タイプの人がいるかも、おっさんは無理だけど、タイプだったら付き合いたいな。女性は皆、イブこのように考えています。
一言で言うと、女性は男性の顔面偏差値かお金が目当てですし、男性は「リーズナブルな女性」をゲットするために超美人 イブを運用しているのです。
お互いにイブ、できるだけお金をかけずにお買い物がしたくて出会いを欲しているようなものです。
そんな風に、超美人 イブを使いまくるほどに超美人、男達は女を「売り物」として価値付けるようになり、女達も自らを「商品」として扱うように曲がっていってしまいます。
超美人 イブを利用する人の考えというのは、じんわりと女を意志のない「物質」にしていくような病的な「考え方」なのです。